3歳女の子です。納得できないと大泣きするし、何でもやりたがりな時期に困惑。

3歳女の子の自己主張 体験談

29歳女性【3歳の女の子のママ】からの体験談です。

女の子3歳児の育児は自分で何でもやりたがり時間はかかるし、納得できないと大泣きするので、何をするにも時間がかかるので大変です。

毎日のように大変ですが、小さなことでもすぐに大泣きしてしまう娘。

家の様子や娘のわがままにどう付き合っていくかが私の課題です。

納得できないキャラ弁に困惑

特に3歳から幼稚園へ通うようになってからお弁当作りがありますが、その時も自分が気に入ったお弁当出ない時はたまに残すこともあるので、お弁当作りも工夫するようになりました。

お友達はキャラ弁など持って来る子も多いので、やはりキャラがある方が可愛いし、子供なりに幼稚園では色々感じることもあるようですし、最近は子供の自己主張が強くなってきたのを感じるようになりました。

誰々のキャラ弁はこうだった、ああだった、わたしもそれがいいとわがまま放題・・・

時間がない中、わたしも時間を割いてキャラ弁の勉強をしています^^;

小さなことでも嫌がって泣いたり駄々っ子になる

幼稚園でも仲良いお友達もでき、色々と楽しんでいるようなので成長している様子がわかるようになりました。

ですが、自己主張が強くなると自分で靴を履く時も気に入らない靴下だと機嫌を損ねたり、その時々の気分で靴下を履くのを嫌がったり、朝の出発に時間がかかる時があるので、どうしても急かせてしまうこともあるので子供のペースに全て合わせるのは難しいなぁと感じることも多々あります。

話を聞いてあげたり、娘の目線になってみる

なので、色々と子供なりに考えていることもあるようなので、なるべく話を聞いてあげるなど、家事の手を止めてから子供の話を聞いてペースに合わせるようにしています。

幼稚園から帰宅すると、ストレスを感じた時には子供なりに頑張ってきたので、家では甘えん坊になって駄々っ子になったり、なかなか親から離れなかったりするので子供のサインは見逃さないようにしています。

子どものストレス解消も忘れてはならない

幼稚園が始まってから子供も普段の園生活の中で経験することも増え、そして楽しいこと・嫌なことを経験しているんだなぁと見ていると感じることがあるので、そういう時は黙って様子を眺めて甘えてきたときにはたっぷり甘えさせるようにしています。

そうすることで、だいぶ子供のストレスを解消することができるので、なるべく子供から話しかけて来た時にはジックリ聞くようにしています。

なので、家事がはかどらず、けっこう雑になりがちなのでその辺のやりくりが大変だなぁと感じています。

家事や時間をうまく調整していくことが大切

3歳くらいになると子供なりの考え、意思表示をしっかり行うようになるので、子供の様子の変化などは敏感に感じ取るようにしています。

そうすることで、だいぶ子供もストレスを軽減することができるので、家事などの時間は減らしてもなるべく子供のペースに合わせて過ごすようにしています。

子育ての両立は難しい!一つひとつ学んでいます

安心感を与えることが大事だと思っていますが、やはり親も色々とやることが沢山あるので、ついイライラしてしまい、なかなかバランスよく子育てとの両立が難しなぁと感じることもありますが、肩の力を抜いて子育てするのが需要だなぁと思うことが増えました。

女の子は自己主張が強くなったり、思ったようにできないと機嫌が悪くなって大泣きすることも多々ありますが、やはりその辺はしっかりと親も子供の生活を理解してサポートすることが大切だなぁと感じるようになり、一つ一つ子育てを学んでいる感じです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました