グレーゾーン【発達障害】と診断されましたが、小学校の対応に納得いきません。

43歳女性【9歳の女の子のママ】からの体験談です。

9歳の時に軽度(グレーゾーン)の発達障害と診断されました。
娘の言動は他の子とは違っていたので保育園の年長の頃に児童相談所へ相談しました。
そこでは「母子家庭だからお母さんが子育てに過剰になっているだけで少し落ち着いて下さい。」と言われたんですが…私は納得ができず市内で検査ができる病院を探したんです。

すると…検査の予約が取れたのが半年も先の日付でその結果もその一ヵ月後にしかでないことがわかりました。

結局、検査し結果を聞く頃には娘は小学1年生で冬休みが過ぎたころでした。
そして小学校の対応に納得できず、日々苦しめられました。

小学校の担任にいつも怒られている

小学生になって宿題もできない、時間割もなかなかできない…朝起きられない、文房具はいつも失くして帰って来る娘に発達障がいだと疑いながら、でも違うと思いたい気持ちと戦っていました。

担任の先生からはいつも怒られているようで…たまにPTAの仕事で学校へ行くと娘の名前を連呼する先生の姿を見かけました。

親がいるところでは担任は怒らない

担任は私の姿を見つけるとすぐ連呼したり怒っているのを止めるんです。

発達障がいの検査待ちだという事や出来無い事も多いことを学校にも相談しました。

何度も相談しましたが、学校では真剣に話を聞く姿勢がないと感じていました。

カウンセリングの先生にも発達障害のことで相談するも・・・

すると…カウンセリングの先生が「母子家庭の母親という目線だとどうしてもお子さまの事が過剰に心配になると思います。
もう小学生なので…子離れしてみては?」と言われ落ち込みました。

子離れをしたら、一体誰が娘を見てあげられるのでしょうか?

発達障害グレーゾーンだと小学校はなかなか親身になってくれない

小学1年生が終わり春…ようやく「発達生がいグレーゾーン」という検査の結果が出て学校へ再び相談しに行くと「軽度ですか。…お母さん、心配しすぎないで下さい。個性ですよ。個性…」とここでもまともに話を聞いてもらえず終わってしまいました。

児童相談所への相談ものれんに腕押しで私がストレスで虐待しないように…という方針に変わったのか?そんな話ばかりされるようになりました。

そして、相談に行くのを止めました。

自分で書籍を探したり情報収集をしました

それからはどうやって娘が困らないか?書籍を読んでいろいろ試してみました。

ノートがなかなか取れない娘に事前にプリントした教科書の問題を貼ってあげたり、ドリルの問題が分かりやすいように一問だけ見えるカードを作りました。

お出かけチェック表や忘れ物チェック表、お便りを入れる専用の袋には先生が直接お便りを入れるようお願いしました。

近所のママ友にも相談してサポートをお願い

近所のママ友にも発達障がいのグレーである事も話し娘をサポートして欲しい事を伝えました。

それでも…悶々とする中、娘は学年が上がるごとに「できない」という事が増え学校で困っているのが目に見えるようでした。

その度に学校や担任の先生と話す機会を持つのですが上手く娘の困りごとを伝えられませんでした。

発達障害専門の相談所へ行き再検査しました

娘が小学4年生になった夏休み…発達障がい専門の相談所がある事を知り相談、すぐに再検査をすることになります。

するとグレーではなく軽度で学校のサポートが必要なレベルである事がわかったんです。

専門機関から学校へと指導が入ったことでようやく動いてくれました

すぐに専門機関から学校から指導が入りました。
今までとは違い学校側もすばやく対応してくれるようになりました。

放課後ディの利用をし宿題や生活習慣の養育も受ける事ができるようになり娘も何が困っているのかだんだん話してくれるようになりました。

適切な対応をしてくれる専門機関に出会えたことで180度生活が変わりました。

不安とイライラは少しずつ消えて娘も私も最近はよく笑うようになりました。

これまでグレーゾーンだと診断されていて、全く動いてくれなかった小学校には腹が立ちますが、ようやくここで動いてくれたという感じです。

もしもあなたも同じような悩みをお持ちでしたら、専門の相談所に相談や再検査をしてもらうようおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました