水中運動の利点

水中運動は体によくカロリーも消費する

水の中で運動すると、カロリーはかなり消費されるということはよく知られています。体にかかる負荷も少ないため、お年寄りなどにもスイミングスクールは人気があります。スイミングスクールは、泳ぎの上達度に応じて、参加するクラスが決まっていくところが多いようです。 まったくの初心者は、水に慣れるということから始まります。小さい子供の場合水をこわがる子もいるので、少しずつ水遊びをするような形から入っていきます。 スイミングについてのイメージは、健康的、体が丈夫になる、などプラスのイメージも多いため、今後もスクールは人気でありつづけるでしょう。 スポーツジムなどのスイミングスクールでは、音楽に合わせて楽しくエクササイズするなど、みんなで楽しめるようなプログラムも工夫されています。

無理はしないことが一番

カロリーを大変消費する水の中でのスポーツは、あまり長時間無理をしないことが大事です。30分も泳げば、結構な運動量になるでしょう。 ゆっくりと無理せず泳ぐことが体にはいいのです。有酸素運動を意識することです。また、体調がちょっと悪いなと思うときは、水の中に入るのは控えます。 カゼなどは悪化してしまうことがあるからです。 しかし、スイミングスクールに通い始めてから、気管が強くなって、カゼをひきにくくなったという声もあります。よく眠れるようになったという声もあります。基礎代謝があがって、太りにくい体になることもあります。 短時間でも効果が出るのがスイミングの魅力です。一週間に一度長時間泳ぐよりも、短時間で週に何回か通うというほうがよいでしょう。